枕の高さは自分で調節できる

従来は、枕を自分の体に合わせようとか、体に合う枕を選ぼうという概念はほとんどありませんでした。

そこで、私が最初に取り組んだのは、市販の枕を買ってきて、それが体にジャストフィットすることは偶然の賜物であり、確率のとても低いことを一人でも多くの人に知ってもらうことでした。

不適合な枕に一晩中、首および全身を預けることに危機感を持てた人は、おのずと自分に適合する枕を求めるようになります。

私は、枕の調節方法を集大成し、調整法を完成させました。簡単にいうと、仰臥位(上向き姿勢で寝た時)および側臥位(横向き姿勢で寝た時)で枕の高さを調節したのち、寝返りが最もスムースに打てるように確認する方法です。

この方法には3年かかってしまいました。

  • 枕調節の行い方

次に紹介する方法で、ご自分に適合する枕は自宅にある素材で簡単に手作りできます。ご家族などが手伝ってくれると最良ですが、鏡があれば一人でも調節は可能です。

  • 用意するもの

自宅にあるもので十分ですから、わざわざ購入する必要はありません。

玄関マットー枚(土台になる部分、横50~60cm、縦90cmほどの大きさで、毛足の短いしっかりした硬めのもの)

タオルケット一枚(調節に必要、大判で毛足の短い硬めのもの)

なお、大柄で体格のよい人は、バスタオルも1枚用意してください。

次の手順で、実際に自分の体に合うように枕の高さを調節していきます。

  • 玄関マット枕の作り方

揃えた素材を使って、調節の土台となる枕を作ります。

①玄関マットは蛇腹の3つ折りにします。

②タオルケットは、まず短い方を玄関マットの横幅に合わせて折ります。次に、長さも玄関マットに合わせて蛇腹折りにします。

③玄関マットの上に②を重ねます。これでしっかりした下部とやや感触のよい上部の2層となります。重ねる際は、タオルケットの折り目の向きが重要です。1枚ずつめくれる方を首に当たる側にします。この置き方だとめくったタオルケットは首と反対側にたまるので、首には影響しません。

④玄関マットとタオルケットの端はきちんと揃え、首に当たる側は直角になるようにベッドや敷きぶとんの上にセットします。

 

もっと見る